交通事故で困ったら神戸のあさひ法律事務所へ!損害保険基準の基礎知識

賠償金額が変わる?困ったら交通事故 弁護士に相談を!

突然交通事故の被害に遭ってしまったら、どうしていいか
わからない方も多いでしょう。

そんな時は、交通事故 弁護士に相談してみるとよいかもしれません。

交通事故 弁護士に相談することで、賠償金額が大きく変わることも
あるからです。

原則として交通事故で損害賠償が請求できるのは3年間で、
自賠責に関しては2年です。

頼りにする

ですから3年経過すると、賠償請求ができないので注意してください。

ただ加害者から内払や示談額の提示が行われていれば、消滅時効は
振り出しに戻りますので、交通事故 弁護士を通して積極的に交渉を
進めておくのが大事ですよ。

治療終了後に損害内容がある程度明らかになり、加害者側の保険会社
から示談が提示されます。

大まかに3つの算定基準がありますが、ほどんとのケースで損害保険
基準が用いられているのが実情です。

提示内容次第では裁判を起こせば賠償金額が増額されると見込まれる
ものもあるのですが、実際は内容やケガの程度、また裁判にかかる時間
などを含めてしっかりと考えなければいけません。

このようなことから、示談が提示されたら交通事故 弁護士に相談
するのが一番確実なんですね。

実績豊富な弁護士なら適正に評価してくれる!

神戸のあさひ法律事務所では、大手損害保険会社の業務受託を行っています。

弁護士3名で交通事故などの損害賠償請求事案を中核とした、さまざまな
事案を担っています。

事故に遭った時にはケガの治療を受けながら、加害者側との交渉を
行うことになるでしょう。

賠償交渉で相手側の対応に、納得がいかないこともあるかもしれません。

しかし神戸のあさひ法律事務所の弁護士に依頼すれば、適正な賠償を
保証してくれるので安心ですよ。

事故に遭う

弁護士なら交通事故の知識が豊富ですから、これまでの処理実績や
経験に基づいて、損害の内容について適切に評価と把握をし、
適正で十分な賠償額の請求を行ってくれます。

判例などと照らし合わせ、適正かを判断して必要なら増額の交渉も
してくれるんです。

交通事故に関する事案に実績のある弁護士がそろっていますし、
交通事故に関連した疑問や不安にもこたえてもらえるので、
もしも困ったときはぜひ相談してみてくださいね。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る