交通事故の過失割合は弁護士無しで計算できるのか

交渉は専門家に依頼した方が良い

交通事故の被害に遭ったのであれば、弁護士に相談するのがベストです。
なぜなら、示談金の支払いでもめることがありますし、交渉力が高い
保険会社の社員との交渉では不利になりがちだからです。

専門家であれば交渉力がある他、法的知識も豊富なのでしっかりと
被害に遭った分の回復を実現することができます。

とくにおすすめなのが交通事故に強い専門家を選ぶことです。

法律分野は多岐にわたるので、必ずしもすべての方が詳しいと
いうわけではなく、得意ではない方は交通事故に関することを
あまりわかっていないということもあります。

交渉力

そのため、失敗しないためには確実に交渉を任せられるだけの
能力を有する交通事故専門の専門家を選ぶことをおすすめします。

交通事故の専門家として活躍している方は、自分の専門分野が
そうであると宣伝をしていますので、すぐに見つけることが可能です。

今どきの法律家はホームページを開設して情報を出しているので
そこを見て調べるようにしましょう。

被害者の方は相談料が無料である場合や、成功報酬のみで仕事を
請け負ってくれるという場合もあります。

そうした場合は手元に資金がなくても利用することができるので、
活用してください。

法律や判例の根拠を示すのでまとまりやすい

損害賠償は過失割合に応じて決まりますが、それをだれが判断する
のかという問題があります。

裁判になれば裁判所が判断しますが、示談で終わらせる場合は
当事者のやり取りで交通事故の過失割合を判定するしかありません。

これは簡単なことではありませんし、加害者側と被害者側では意見が
割れることもあるので、弁護士なしで決めることは難しいといえるでしょう。

弁護士の場合は過去の判例や実務の状況について詳しいので、
裁判になった場合にはどのくらいの割合になるのかをきちんと
根拠を示して提示することが可能です。

法律の専門家

海外者側と意見が割れたとしても、専門家が過去の判例に基づいて
示した数字に対して反論することは難しいので、素人一人で交渉
するよりもスムーズにまとまることも少なくありません。

そのため、やはり交通事故の示談交渉は専門家に依頼して交渉して
もらった方が、自分にとってプラスになります。

この時専門家以外にお金を払って依頼するのは、法律委違反するので
やってはいけません。

それは当事者同士のトラブルにもつながりかねませんし、それは交通事故
とは別の法的問題に巻き込まれる可能性があるので、しっかりと法律の
専門家を頼るようにしましょう。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る