キーワードは複合で設定せよ

SEO対策でキーワードは何より大切な要素です。
検索をかけるうえでまずはじめにかかるアクションでもあります。
そのため、自分のサイトにおいてどのようにキーワードを設定するかで
検索結果や上位表示、アクセスアップに大きくかかわってきます。

企業側がこれでいきたいといっても、ユーザーからの検索がほとんどないようなワードでは、
SEO対策をしたとしても、売上を上げるほどのアクセスを集めることができない場合があります。
まずどのような需要があるのかをしる必要があるのです。

  • 始める前に再確認すべきSEO対策の基本francesolevato.com
  • ライバルに学ぶSEO対策kingnestproductions.com
  • はじめるSEO対策|IT研究会daikichisuzuki.sakura.ne.jp

キーワードを設定する際の重要なポイントは、ユーザーの検索数とサイトのマッチングの度合いです。
いくらこのワードで呼び寄せたいと思っていても、あまりにもコアなワードでは
そもそもマスのユーザーを確保することが難しいからです。

キーワードにも種類があります。
スモールキーワード・ビッグキーワードなんていろんな言い方があったりしますが、
ようは、「よく人に検索を掛けられるキーワード」
「少数の人数に検索をかけられるキーワード」この違いです。

キーワードの種類

しかし、よりマニアックなキーワードであれば、
より利用目的があるお客様に出会うことができるかもしれません。

どんなターゲットをお客様にしたいか。
自社のアピールポイントは何か。
そんな事からどんなキーワードがいいかを、じっくり考えてみてもいいかもしれません。
またキーワ―ドがうまく合致して、サイトに訪れてもらっても、
実際に情報を上手に伝えることができなければ、購買にはなかなかつながりません。

ビッグワード狙いのseoについて

いきなりビッグワードでの上位表示を狙うのは不可能に近いです。
当然個人だけでなく多くの企業もサイトを持っているため、
これらの企業が上位表示されることになるでしょう。

サイトの情報量が圧倒的に多い大手企業のページなどは、
特別seo対策を行わずとも上位表示されていたりします。

その理由は、単にそのサイトのコンテンツが
ビッグワードを多く含んでいるというだけではありません。

グーグルの人工知能は日々進化しており、単に含んでいる
検索ワードの数のみならず、いろいろな観点でサイトを評価しています。

たとえば、検索者があるワードで検索してから、どのサイトに
どれだけの時間いたのか、またいくつのサイトを訪問したのか、
などのデータを蓄積します。

そしてそのデータを次回からの検索結果表示に反映させるのです。ユーザーへの配慮

このことからもわかる通り、seoではユーザーのサイト評価を
なるべく人工知能での影響に重ねようという動きをしています。

当たり前ですが、グーグルは上位表示をねらう人のサイトではなく、
ユーザーにとって価値のあるサイトを上位表示したいのです。

検索者の意図を汲み取って、ネットサーフィンを最適化することが
seoの最大のねらいです。

検索ワードとの関連性は単にseoの基準にたまたまなっているだけで、
いうなればseoのある種の穴です。

今後もグーグルはそういったところを突くサイト運営者をむしろ避けます。
なので、スモールワードでまずは引っ掛けて、サイト自体の価値を
高める方向性が望ましいです。