SEO対策におけるサイトの構築方法

サイトを作成する際には、コンテンツとしての情報量を増やすことも必要です。

その際の手法として、メインサイトのほかに、さらに情報を増やしたサイトや
内容に特化したサイトを作るなど、サイト内のカテゴリーを細分化し、
有益なサイトを作り出すことが重要になってきます。

たとえばメインサイトをビッグキーワードで作成します。
さらに、ビッグキーワードに伴う複合キーワードを利用して内容を
より絞り込んだサイトを作るのです。

メインサイトから派生した内容でコンテンツを作ることで、
実際の作業もしやすくなります。

また、コンテンツを増やす際にもアイデアが浮かびやすいというメリットもあります。

京都でものづくりしている会社が行うSEO対策・ホームページの集客

サイト作成において、コンテンツは頭を悩ませることの一つです。
どういった内容でコンテンツを作成するのか。
コンテンツの更新はどういったふうに行うのか。
これは運営者が日々悩んでいることでもあります。

ですが、基本的にはメインサイトから派生した内容でコンテンツを考えるといいでしょう。

そうすることであなたのサイトを取り囲むサイト同士に関連性と必然性が生まれます。

また、サイト間に関連性が生まれることで、ドミナント戦略が可能になりますし、
様々なニーズのユーザーを呼び込むことができるようになります。
ひいては検索結果の上位表示にもつながるというわけです。

htmlの文法エラーをチェックする

HTMLにおける文法というのは、もちろん日本語としての誤字・脱字もいいますが、
とくに、HTML作成のルールとしての文法がおかしければ、
正しく検索エンジンに認識されなくなってしまいます。

HTMLは通常の文章とは少し違います。
もちろん日本語などの文章は通常通りに入力します。

ですがそれ以外にタグと呼ばれる記号を使ってホームぺージを構成しているのです。
このタグはいわばサイト内の指示役。
文章の強調や配置などもこのタグによって決めることができます。

たとえば、タグの使い方が正しくない、タグの範囲にねじれが生じているなどが、
HTMLにおける文法エラーといえます。
このようなエラーがあるとサイトの評価を下げる原因になりかねません。

そこで、こうした文法エラーをチェックするために、
W3Cという団体が提供しているチェッカーツールがあります。

このW3CはHTMLの規定を策定している団体で、各検索エンジンも
この規定をもとにサイトを判読しています。

この規定に沿った文法に修正することはすなわち、検索エンジンにとっても
読みやすいサイトになるというわけです。

高評価を得る

そもそもこのHTMLは間違った構成になってしまっていると、
サイトの表現の時点で上手く思い通りに表示されません。

しかし、それだけでなく、見た目にはちゃんと表示されているけれど、
サイトの評価を下げることのあるミスがある場合があります。

その原因がわからない場合などに、この文法エラーのチェックは有効です。

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る